MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > 健康

風邪
【東京雑学研究会編】

§風邪にもいろいろな種類がある?

学校や会社を「風邪で休む」というのはよくあることだが、この「風邪」(感冒)という病名は正式なものではないのである。つまり、風邪という単一の疾患はない。正式な病名は、「風邪症候群」あるいは「風邪疾患群」という。
一般には、くしゃみ、鼻汁、鼻閉、咳、のどの痛み、しわがれ声などの呼吸器症状に、発熱、全身倦怠、頭痛、下痢、関節や筋肉の痛みなどが加わる比較的軽症の疾患群のことである
その原因はいろいろあるが、九〇%はウイルスの感染である。まずは、普通の感冒。俗にいう鼻風邪である。ごく軽微の発熱も見られるウイルスが原因なので、手指からの伝染に注意。
咽頭炎。のどの痛みが強い。発熱も普通の感冒より強く、悪寒、頭痛などの全身症状も見られる。原因はウイルスプール熱や夏風邪もこれに入る。
インフルエンザ流行性感冒とも言われ、インフルエンザウイルスの感染で起きる。突然の発熱、頭痛、悪寒、だるさ、咳、筋肉痛のほか、上気道、鼻腔、結膜に炎症が起こる。低温乾燥の冬がこのウイルスに最適の条件。もとは鳥だけが感染していたが、ブタを介し、人間にも感染するようになった。
インフルエンザウイルスが怖いのは、その恐るべき繁殖力。二四時間で、たった一個のウイルスが、一〇〇万倍に増える。しかも、変異する。A型が流行するというのでワクチンを作っても、次の年にB型が流行すれば、A型ワクチンは役に立たない。ウイルスの変異とワクチンの製造は、いたちごっこである
ほかには、アレルギー性の感冒もある。
ウイルス感染による風邪症候群の根本治療法はない。休養と栄養を摂って、身体に抵抗力をつけ、予防あるのみ。うがいや手洗いは大切であるガーゼマスクは、ウイルスを遮断することはできないが、適度の温度や湿度でのどや鼻を守ることはできる。
風邪にかかった後、ほかの病気を併発しないよう、注意することも大切である




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670195

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト