MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全ヒトの不思議 > 人物

勝海舟
【東京雑学研究会編】

§犬が怖くて震えていた勝海舟

咸臨丸による太平洋横断とアメリカ訪問、帰国後の軍艦奉行としての活躍と、幕府役人でありながら坂本龍馬らの浪士との交わりを持ち、新しい時代の到来を見据えていたこと、西郷隆盛との会見によって江戸城無血開城の道を開いたこと、などなど。
勝海舟の時代を生きるセンスは、これらのエピソードを知るだけでうかがい知ることができる。尊皇攘夷の波が広がっていくなか、幕府直属の旗本や御家人おろおろしているとき、何事にも動じることなく、自分の正しいと思うことを言い、行動に結び付けていった彼には、怖いものなどなかったようにも見える
ところがこんな勝海舟が、ひたすら恐れたものが二つある。一つは妻のおたみで、これは既婚の男性なら多かれ少なかれその傾向はあるから不思議ではない。もう一つのほうが問題で、それが犬だった。
恐怖の原因は、彼が勝麟太郎と名乗っていた少年時代までさかのぼる。九歳のとき、道を歩いていて犬にかまれるのだが、この犬が病気を持った犬で、彼は重症を負い、一時は生死のほどが危ぶまれる状態に陥る。父親の勝小吉は、息子の回復を祈ってお百度参りをしたといい、その甲斐あってか無事に回復した。
かしこの体験は、成長しても海舟の心までは直せず、今でいうトラウマとなって、犬を見るとガタガタ震えていたそうだ




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670198

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 握手  裁きの豆  五節句廃止令  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト