MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全娯楽 > 映画

オスカー像
【東京雑学研究会編】

§アカデミー賞のトロフィが「オスカー像」と呼ばれるのはなぜ?

たかがアメリカ一国の、自分の国の映画に関する賞なのだが、世界中の映画人があこがれるというアカデミー賞。映画に関するとしては、ほかにもカンヌやヴェネツィアで開催される国際的映画祭での各賞があるのに、それ以上に世界の注目が集まる
これは、映画祭のほうは、映画制作者がマーケットを対象に公開目的で買い付けてもらうことを狙ったお披露目ショーとしてスタートしたのに対し、アカデミー賞は公開ずみの映画に対して与えられる、完全なご褒美の賞だからだ。
ハリウッドの映画産業が世界的になるにつれ、各種のスキャンダルが報じられることも多くなった。アメリカ映画界をクリーンにし、映画の質を高める目的で、映画芸術科学アカデミーが設立され、賞を設けたのである
その受賞者に贈られるのが、彫刻家ジョージ・スタンリー作の金メッキブロンズ像で、オスカー像と呼ばれているもののオスカーモデルになった人の名前ではない。
一九二七年に賞が制定されて、三一年にはすでにこの名が正式に認められることになるのだが、命名者が誰なのか諸説あって、はっきりしないのだ。
いちばんよく知られているのが、アカデミー事務局に勤務していた女性説。彼女がはじめてこの像を見たとき、「あら、私のオスカー叔父さんにそっくり」といったのをそばで聞いていたコラムニストのシドニー・スコルスキーが、自分のコラムに書いたことから定着したというもの。
ところが、そのスコルスキーは、命名者は自分だといっている。アカデミー賞の権威主義に反発を覚えて、ボードビルショーコメディアンたちが、気取った男に対するネタに使っていた「オスカー、葉巻でもどうだい?」から借用して、アカデミーのトロフィに人間味を与えたくて使ったという主張だ。
さらに、女優のベティ・デイヴィスは、「私が、ブロンズ像の後ろ姿が、当時の夫だったハーモン・オスカー・ネルソンに似ているといったからだわ」と譲らない。
叔父さんであれ、元夫であれ、コメディアンにからかわれた伊達男であれ、本当のオスカー氏にとっては無関係の賞である




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670130

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 炭坑節  一か八か  凸凹  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト