MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全そーだったんだ! > 由来

グロッキー
【東京雑学研究会編】

§ふらふらの状態のことをグロッキーと言うのはなぜか?

「ああ、もうグロッキーだよ」なんて口にすることがよくある。心身ともにひどく疲れたとき、あるいはボクシングプロレスの選手が打ちのめされてフラフラになったのを見て、そう言う。この言葉はどのように生まれて、ポピュラーになったのであろう。実は人のあだ名に由来すると言われている。
ときは一七世紀後半から一八世紀半ばのこと。イギリス人で、西インド諸島の総司令官であったエドワード・バーノン提督は、悪天候のときにグロッグラム(grogram)と呼ばれる特徴ある布地の外套を着ていた。この布地は絹と毛の粗い混紡地であった。それで彼には「オールドグロッグ(Old Grog)」というあだ名がついていた。
当時イギリス海軍の兵員に支給されていたラム酒は、アルコール度数が高く、ストレートで飲んだ兵員たちはいつも酔っ払っていたため、水で割って飲むよう命令が出された。そこで、この水割りラム酒が、提督のあだ名を取ってグロッグと呼ばれるようになった。ここから酔いをもたらす酒のことを、一般にグロッグと呼ぶようになったという。
ところが兵員たちは、こっそりストレートで飲んでいた。提督のお出ましだというので、急いでラム酒を隠そうにも、みんな酔っ払ってフラフラであった。そして、この状態がグロッギー(groggy)と呼ばれるようになった。
こういうわけでグロッキーは、正しくはグロッギーなのであるそして次第に、ひどい疲れや殴られたことによる「足元のふらつきやよろめき」も、グロッキーと表現するようになった。語源は、特徴ある布地の名前から作られた、イギリス海軍提督のあだ名だったのである
提督は、はたしてこの事実を名誉なことと受け止めたであろうか。それはさておき、あまりグロッギーいやグロッキーにはなりたくないものである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670288

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 炭坑節  凸凹  一か八か  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト