MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生物の不思議 > 植物

クローバー②
【東京雑学研究会編】

§クローバーは最初詰め草だった

クローバーが日本にやってきたのは江戸時代のこと。オランダから医療道具を輸入した際、荷物がこわれないようにすき間に詰められていたのが、野生化して広がった。シロツメクサという名は、すき間に詰められていたことから、「白い詰め草」に由来する。
珍しいとされてきた四葉のクローバーだが、一九五〇年には四葉の種が発見された。種さえあれば、わざわざ突然変異を捜さなくても、誰でも栽培して増やせるので、ありがたみが薄れてしまいそうだ
ちなみに、四葉以上のクローバーも幸運のしるしとされている。五葉は金銭を、六葉は地位・名誉を手に入れることを意味し、七葉は九死に一生を得るしるしだという。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670286

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  風呂敷?  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト