MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > 乗り物

エアバッグ①
【東京雑学研究会編】

§車のエアバッグはどうして一瞬で膨らむのか?

最近はエアバッグを標準搭載している車が増えてきた。
エアバッグ装備の車に乗っていても、実際に自分の車のエアバッグを見たことがない人が大半だし、その恩恵に預かったことがない人も多いだろうが、エアバッグは事故が発生した途端、ものすごい素早さで自動的に飛び出し、あっという間に膨らむのである。その速度たるや、衝突の〇・〇一秒後にはエアバッグを作動させるどうかの分析が始まり、激しい衝突だと認識するやいなや、その後わずか〇・〇五秒で作動し始めるであるそしてエアバッグが膨らむまでの時間は、センサーが衝突を察知してから合計でたったの〇・一秒。驚くべき速度だ。
どうしてここまで素早く膨らむことができるのか?
エアバッグは、バッグ本体と、バッグを膨らませるインフレーター、衝突を感知する衝撃センサー、衝撃センサーが誤作動しないように見張る保護センサーで構成されている。衝撃センサーが察知するのは、事故の衝突そのものではなく「減速G」と呼ばれる重力である。車には慣性があるから、衝突していきなり車が停止すれば、前方に向かって重力が働く。これが「減速G」だ。人が衝突の瞬間にハンドルフロントガラスにぶつかるのは、この減速Gが働くからである
エアバッグセンサーが事故だと判断すれば、エアバッグが開く。エアバッグナイロンの袋でできていて、中にガス発生剤が入っており、コンピューターの指示を受けると、酸化剤と反応して窒素ガスが瞬間的に充満するのである
一度開いたエアバッグは、元に戻すことは不可能で、ディーラーなどに取り替えてもらうしかない。つまりエアバッグは一回こっきりの使い捨てなのだ。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670093

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト