MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

イタリアン手帳肉料理 >

ブラザート

漬けた牛肉にじっくり火を通す、手間ひまかけた煮込み料理

ブラザート

肉の煮込み料理の一つで、とろ火煮込み、あるいは蒸し煮などとも呼ばれる。使う肉は主に牛肉。特徴は、ひと手間もふた手間もかけるところにある。まずは赤ワインと肉の出汁スーゴ・ディ・カルネsugo di carne、香辛料などを合わせマリネ液を作り、そこに肉を浸す。一晩ほど漬け込んだら、肉の表面を軽く焼き、その後ゆっくり煮込んでいく。弱火で上部は蒸し煮になるようにするのがコツ。

牛のホオ肉guancia(グアンチャ)がよく使われるが、写真は牛モモ肉fe s a(フェーザ) を使い、軽くグリルしたポレンタを添えて。ポレンタPolentaは、トウモロコシ粉を火にかけて練り上げたもので、肉料理のつけ合わせによく登場する。ピエモンテの名物料理の一つに、高級ワインBarolo(バローロ)に牛肉を漬け込んだブラザート・アル・バローロBrasato al Baroloがある。




東京書籍 (著:岸 朝子)
「イタリアン手帳」
JLogosID : 8541098

この辞典の個別アプリ

イタリアン手帳
イタリアンレストランでメニューを見るときやイタリア料理のレシピを読むとき、とにかく1冊手元にあれば困らない手帳型イタリア料理図鑑。

【辞典内Top3】 香草パン粉焼き  ストゥファート  クアトロ・フォルマッジ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

焼肉手帳 すし手帳 喫茶手帳 

関連書籍

 東京書籍「イタリアン手帳」

出版社:東京書籍[link]
編集:岸 朝子
価格:1,512
収録数:
サイズ:()
発売日:
ISBN:978-4487804054

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト