MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

東京辞典東京都23区 > 中野区

宝仙寺三重塔
【ほうせんじさんじゅうのとう】

東京都中野区にある建造物中野区中央2-33-3宝仙寺内。寛永年間(1624-1643年)に建築された。高さは24m。屋根は檜皮葺。江戸近郊で唯一の三重塔だったが、1945年5月の大空襲で焼失した。現在は、1992年興教大師850年御遠忌記念事業として再建されたもの。消失した塔とほぼ同じ高さ約20mで、奈良法隆寺に範をとり飛鳥様式の純木造建築、心柱は基壇まで貫通している。塔内には大日如来等胎蔵界五佛を安置している。




Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「東京辞典」
JLogosID : 5702731


【辞典内Top3】 コンクリート方塊  増上寺景光殿(旧広書院)表門  葛西のおしゃらく  
【関連コンテンツ】

関連辞書

都市データパック(市章) 全国五つ星の手土産 

関連書籍

 Ea,Inc.「東京辞典」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト