MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

時事用語のABC時事用語アーカイブ > アーカイブ

次世代育成支援対策推進法
【じせだいいくせいしえんたいさくすいしんほう】

子育て支援に関する国や事業者の責務を定めた法律

次代の社会を担う子どもが健やか生まれ、育成される社会の形成に資することを目的として10年間の時限立法として2003年に成立した。

急速な少子化の進行など社会情勢の変化を受けて、国と地方自治体が次世代育成支援対策に関する行動計画を策定するだけでなく、一定規模以上の事業者(企業)にも子育て支援の目標や内容について期間を定めて行動計画を策定するよう義務づけている。

厚生労働省は、これまで301人以上としてきた従業員数の規模を101人以上に緩和し、より多くの企業に行動計画の策定を義務づける方向で、次世代育成支援対策推進法の改正を目指している。




時事用語のABC (著:時事用語ABC編集部)
「時事用語のABC」
JLogosID : 14425390


【辞典内Top3】 UberEATS  客員教授  三本の矢  
【関連コンテンツ】

関連辞書

ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 カタカナ語の辞典 

関連書籍

 時事用語のABC「時事用語のABC」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト