MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

時事用語のABC時事用語アーカイブ > アーカイブ

古紙配合率
【こしはいごうりつ】

再生紙の製造における古紙の配合割合のこと

紙の原料となる木材チップパルプ)に、家庭や企業からリサイクルとしてされる古紙を混ぜ込んで再生紙を製造する。環境問題の高まりを受けて、段ボールトイレットペーパーコピー用紙などに再生紙が普及している。

現在、古紙配合率関する明確な定義はなく、古紙配合率が1%でも100%でも再生紙と呼ばれる。古紙配合率が100%の再生紙は「R100」の表示ができるが、登録や検査は必要なく、誰でも使用が可能となっている。

一方、2008年の再生紙年賀はがきで、実際には古紙配合率40%の基準を満たしていないことが発覚して以来、製紙会社が再生紙古紙配合率を偽装していた事実が次々と明らかになった。

日本製紙連合会は25日、再生紙古紙配合率を検査するための第三者機関を設置すると発表した。日本製紙連合会に加盟する会員企業24社のうち、17社で古紙配合率の偽装があったという。




時事用語のABC (著:時事用語ABC編集部)
「時事用語のABC」
JLogosID : 14425388


【辞典内Top3】 UberEATS  三本の矢  舌下免疫療法  
【関連コンテンツ】

関連辞書

ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 カタカナ語の辞典 

関連書籍

 時事用語のABC「時事用語のABC」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト