MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

時事用語のABC時事用語アーカイブ > アーカイブ

補充立候補
【ほじゅう・りっこうほ】

候補者の補充を目的とする立候補

選挙期間中に死亡などの理由で候補者が欠けた場合に追加で認められる立候補のこと。公職選挙法第86条の4(第5項および第6項)の規定によって1956年に制度化された。

選挙における候補者が立候補届け出る公示日を過ぎてから死亡するなどの理由で欠けたとき、投票日の3日前(町村長・町村会議員は2日前)まで補充として立候補の届出が認められている。ただし、公示日の立候補届出終了時に立候補者の数がその選挙において選出すべき者の数を超えていた場合に限られる

長崎市長選挙に立候補していた現職の伊藤一長市長が射殺されるという事態となり、伊藤氏の娘婿で西日本新聞記者の横尾誠氏と元市統計課長の田上富久氏の2人が補充立候補した。




時事用語のABC (著:時事用語ABC編集部)
「時事用語のABC」
JLogosID : 14425345


【辞典内Top3】 UberEATS  三本の矢  舌下免疫療法  
【関連コンテンツ】

関連辞書

ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 カタカナ語の辞典 

関連書籍

 時事用語のABC「時事用語のABC」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト