MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

時事用語のABC時事用語アーカイブ > アーカイブ

セカンドライフ
【せかんどらいふ】

Second Life

インターネット上の仮想空間

アメリカ・サンフランシスコにあるリンデン・ラボ社が運営するオンラインサービスの名称。2003年にサービスが開始され、世界で500万人以上の利用者が登録している。

3Dの仮想空間で「アバター」と呼ばれる自分の分身が他のアバターと交流したり、買い物したりできる。セカンドライフでは、リンデン・ドルという仮想通貨が流通し、労働やカジノなど利用者同士でやり取りすることができるほか、現実通貨のアメリカ・ドルとも需給関係によって決まる時価で交換可能だ。

ミクシィ新卒採用オフィスを開設して話題になったほか、金融機関自動車メーカーなどが次々に参入し、自社商品の宣伝と話題づくりに懸命になっている。リンデン・ラボ社は、2007年にも日本語版を公開し、日本人利用者の増加を期待しているという。




時事用語のABC (著:時事用語ABC編集部)
「時事用語のABC」
JLogosID : 14425344


【辞典内Top3】 UberEATS  三本の矢  舌下免疫療法  
【関連コンテンツ】

関連辞書

ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 カタカナ語の辞典 

関連書籍

 時事用語のABC「時事用語のABC」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト