MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

時事用語のABC時事用語アーカイブ > アーカイブ

ネットカフェ難民
【ねっと・かふぇ・なんみん】

格安のインターネットカフェなどに宿泊する人たち

24時間営業のインターネットカフェや漫画喫茶など格安の料金で夜を過ごせる場所に宿泊する。若者が多く、日雇い派遣といった非正規雇用など不安定な雇用環境で生活を維持している。

東京都内には一晩2000円以下で宿泊できるナイトパックを提供するネットカフェが存在する。シャワーを使えるネットカフェならば格安の料金でビジネスホテルと同じ程度のサービス受けることも可能となっている。

ワーキング・プア(働く貧困層)と呼ばれる低賃金の労働者にとって、家賃の高い地域ではアパート賃貸借契約に要する資金を準備できないことが多い。一方、格安の料金でインターネット接続サービスや24時間営業のサービスを提供するネットカフェの存在は、日雇い派遣の情報源としても利用でき、ネットカフェ難民の拠点とされている。

厚生労働省は、ネットカフェ難民を新たな貧困問題として捉え、実態調査に乗り出す方針を決めている。




時事用語のABC (著:時事用語ABC編集部)
「時事用語のABC」
JLogosID : 14425346


【辞典内Top3】 UberEATS  客員教授  三本の矢  
【関連コンテンツ】

関連辞書

ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 カタカナ語の辞典 

関連書籍

 時事用語のABC「時事用語のABC」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト