MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

保険用語辞典保険の原則 >

大数の法則
【たいすうのほうそく】

 サイコロを転がすと、1から6の目のうちどれの目がでるかわからない。しかし、10回、20回とサイコロを転がすうちに、1から6のうちどの目も均等に出ることがわかります。このように転がす回数を増やせば、発生する目の数は一定になってきます。これを「大数の法則」といいます。
保険は、この「大数の法則」の考えに立脚して、偶然の出来事のように思われる保険事故(保険金を支払う事案)に対しても、全体として保険事故の発生する割合は一定である(予定している死亡率とほぼ等しくなる)として、保険料を設定しています。
なお、「大数の法則」が成り立つためには、サイコロの場合、歪みがなく1から6の目が均質に出来ていることが必要となりますが、保険の場合も、健康状態などがほぼ同じである集団となっていないといけません。そのため、生命保険の加入に際して、医師による診査、告知による健康確認、査定などの危険選択を行っています。
↑「大数の法則」は、スイスの数学者、ヤコブ・ベルヌーイが「推測法(1713年)」で提案しています。




保険評論家:佐藤立志 (著:佐藤立志(故))
「保険用語辞典」
JLogosID : 5165026


【辞典内Top3】 P建て・S建て  保険業法300条  附合契約  
【関連コンテンツ】

関連辞書

暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 保険評論家:佐藤立志「保険用語辞典」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト