MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

ワイン手帳イタリア > 南イタリア

南イタリア

南イタリアに入ると、中部や北部で栽培されていたぶどう品種はほとんどみられなくなり、南部イタリアの品種が繁栄するようになる。南部の傾向として、かつては樽売りの日々が続き、質より量の時代もあったようだが、近年、量産ワインから離れ、伝統品種をいかした質の高いワインがより多くみられるようになった。

例えば南イタリアでは数少ないDOCGワインのひとつ「タウラージ」の主要品種はアリアニコである。ギリシャから来たと伝えられるこの品種は南イタリアですでに紀元前6世紀ごろには栽培されていたという長い歴史を持つようだが、評価が高まりタウラージとしてDOCGに昇格したのは1993年のこと。またタウラージが属するカンパーニャ州の隣のバジリカータ州でも、このアリアニコ種を使った「アリアニコ デル ヴルトゥレ」というワインが生産されており、こちらのワインは1971年にDOCに認定されている。南イタリアならではのやわらかなボリューム感に満ちた味わいが魅力的だ。

靴の形をした本土に蹴飛ばされるような位置にあるシチリア島のワインもまた独特である。ネロ ダーヴォラをはじめ、島独自の伝統品種をいかしたワインづくりに磨きがかかり、他所の高名なワインに媚びたところのない独自性を発揮している。




東京書籍 (著:熊野 裕子)
「ワイン手帳」
JLogosID : 8538770

この辞典の個別アプリ

ワイン手帳
フランスを中心に106種類のワインを収録。産地別の構成で、各産地の基礎知識をはじめ、銘柄の品種、ボリューム感、渋み、価格の目安がひと目でわかるアプリ。

【辞典内Top3】 レルミタ(L’ermita)  シャトー プピーユ(Ch.Poupille)  シャトー ラネッサン(Ch.Lanessan )  
【関連コンテンツ】

関連辞書

焼肉手帳 日本酒手帳 焼酎手帳 すし手帳 カクテル手帳 洋酒手帳 喫茶手帳 

関連書籍

 東京書籍「ワイン手帳」

出版社:東京書籍[link]
編集:熊野 裕子
価格:1,512
収録数:106
サイズ:17x10.3x1.4cm(-)
発売日:2010年6月
ISBN:978-4487804252

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト