MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

ワイン手帳フランス > 基礎知識

フランスワインの基礎知識

北部の一部を除く国土のほとんどでぶどうが栽培され、地域ごとに特色あるワインづくりが続けられているワイン大国フランス。日本においてはフランスワインというとブルゴーニュ、ボルドーシャンパーニュが知られているが、それ以外のロワールやローヌ、アルザスなど、各地で個性ある多種多様ワインがつくられている。近ごろフランスにおけるワインの生産量、消費量はともに低迷傾向にあり、他国との競争も厳しさが増しているという事実もあるようだけれど地理的な多様性、特定の地域と結びついたぶどう品種、歴史に裏打ちされた品質の高さなどにより、フランスワインワイン王国として世界中のワイン愛好家の関心を惹いてやまない存在であることは間違いない。

おもなワイン産地

ボルドー
赤、白ともにブレンドタイプが中心のワイン産地。高級ワインで知られるが、カジュアルボルドーも数多い。

【ブルゴーニュ】
ボルドーと並ぶ銘醸地。価格帯の広いボルドーに比べて高級ワインに特化している傾向が強い。赤はピノ・ノワール、白はシャルドネを主体に大半は単一でつくられる

シャンパーニュ
発泡性ワインシャンパンの産地。

アルザス
ドイツの影響もみられるワインの産地。

【ロワール】
冷涼な気候をいかした高品質な白が有名。

【ローヌ】
骨格のしっかりした高級赤ワインの産地。

【南仏エリア
近年著しい向上をみせるワイン産地。伝統的なワインニューフェイスのワインが入り交じり、格付けに縛られることなく、掘り出しモノを探すような楽しさがある。


フランスワイン格付け

フランスワイン法では、ワインの品質を3つに分類している。

■AOC(Appellation d'Origine Controlee)
アペラシオン・ドリジーヌ コントローレ
通常AOC(原産地統制呼称)と略称される。公的機関INAOで規定された産地、ぶどう品種、栽培法、醸造法などにおける厳しい基準を満たした上、最終的に試飲検査に合格した最上位のワイン。AOC製品の印としてワインラベルには「Appellation d'Origine(AOC名)Controlee」の表示が記される。AOC名の部分には、例えば「Bordeaux(ボルドー)」等の地方名、「Medoc(メドック)」等の地区名、「Margaux(マルゴー)」等の村名などが入る。ラベルに記された産地名が狭い地域になるほど産地の個性が明確になり、格も上となる。通常、地方名⇒地区名⇒村名の順だが、ブルゴーニュの場合は村よりさらに狭い区域の1級畑、特級畑にもAOCが適用される

■Vin de Pays(ヴァン ド ペイ)
生産地が限定されたフランス産のテーブルワインのこと。改正後の新規定では、Vin de PaysからIGP(Indication Geographique Protegee=保護地理的表示)の表記に変更されることになっている。

■地理的表示のないテーブルワイン

※旧規定ではAOCとVin de Paysの間の等級に位置づけられていた原産地呼称上質指定ワイン(AOVDQS)は、新規定によりAOCかIGPのカテゴリーに移行される




東京書籍 (著:熊野 裕子)
「ワイン手帳」
JLogosID : 8538700

この辞典の個別アプリ

ワイン手帳
フランスを中心に106種類のワインを収録。産地別の構成で、各産地の基礎知識をはじめ、銘柄の品種、ボリューム感、渋み、価格の目安がひと目でわかるアプリ。

◆「フランスワインの基礎知識」がよく分かる関連まとめ


【辞典内Top3】 グリューナー・フェルトリーナー オーベル シュタイゲン(Gruner Velt  ラインガウ甲州 ミッテルハイマー エーデルマン(Rheingau Koshu Mitt  ツヴァイゲルト(Zweigelt )  
【関連コンテンツ】

関連辞書

焼肉手帳 日本酒手帳 焼酎手帳 すし手帳 カクテル手帳 洋酒手帳 喫茶手帳 

関連書籍

 東京書籍「ワイン手帳」

出版社:東京書籍[link]
編集:熊野 裕子
価格:1,512
収録数:106
サイズ:17x10.3x1.4cm(-)
発売日:2010年6月
ISBN:978-4487804252

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト