MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

カクテル手帳ジンベース >

ベース基礎知識 ジン

ベース基礎知識 ジン

"ジンは1660年、オランダのライデン大学医学部教授で医者のフランシス・シルビウス氏が、当時、利尿剤として用いられていたジュニパーベリー(ねずの実)を使って薬用酒を造ったのが始まりされる。利尿効果、解熱などに薬効があるとして薬局で売り出されたが、特有の芳香が人気となり、薬としてではなく酒として飲まれるようになった。その後、17世紀後半にイギリスに伝わってジン造りが本格化、生産量はオランダをしのぐほどとなった。

ドライジン
大麦麦芽、ライ麦、トウモロコシなどを原料としてられる無臭のアルコール液を、ジュニパーベリーや香草などを詰めたジン・ヘッド付きの蒸留釜で蒸留する方法と、原料を蒸留した原液に直接ジュニパーベリーなどを加えて蒸留する方法がある。これはイギリス式の製造方法であり、正式にはロンドドライジンと呼ぶ。現在、単に「ジン」と言った場合はドライジンを指すのが普通であり、カクテルの材料として使われるのも、ほとんどがドライジンだ。代表的な銘柄はビーフィーター、ゴードン、ボンベイサファイア、タンカレーなど。

オランダジン
オランダ産のジンで、誕生当初の原形に近いとされる。別名ジュネヴァ。ドライジンよりも香りが強く、味は重い。カクテルにはあまり使わず、ストレートでそのまま飲まれることが多い。

オールドトムジン
ドライジンに糖分を2%ほど加えた甘口のジン。「トム・コリンズ」はこのジンを使うことから名付けられたが、現在はドライジンを用いるのが普通である

その他
ドイツ産のジン、シュタインヘーガーもよく知られている。ドライジンよりも香りが弱く、まろやかな味わいビールと交互に飲み、ビールで冷えたお腹をジンで温めるのがドイツ流の飲み方とか。また、ジュニパーベリーではなくフルーツで香りを付けた、リキュールタイプフレーバードジンなどもある。
"




東京書籍 (著:上田 和男)
「カクテル手帳」
JLogosID : 8538938

この辞典の個別アプリ

カクテル手帳
ハイボール、サイドカー、マティーニなど、130のカクテルを、レシピや解説文とあわせて紹介。カクテルを飲む楽しみや、作る楽しみのためのアプリ。

【辞典内Top3】 シティコーラル  ロングアイランドアイスティー  ニコラシカ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

焼肉手帳 日本酒手帳 焼酎手帳 ワイン手帳 すし手帳 洋酒手帳 喫茶手帳 

関連書籍

 東京書籍「カクテル手帳」

出版社:東京書籍[link]
編集:上田 和男
価格:1,512
収録数:130
サイズ:16.2x9.2x1.2cm(-)
発売日:2010年4月
ISBN:978-4487804009

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト