MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

カクテル手帳ブランデーベース >

ベース基礎知識 ブランデー

ベース基礎知識 ブランデー

"果実を主原料とする蒸留酒の総称だが、単に「ブランデー」と言う場合はワインの蒸留酒を指し、オランダ語で“焼いたワイン”を意味する「ブランデヴェイン(Brandewijn)」が語源とされる。起源は不明だが、12~13世紀頃のヨーロッパで医師や錬金術師がワインを蒸留していたという記録があるそうだ。世界中で生産されているが、フランス産のコニャックが最も名高いワイン蒸留酒以外のフルーツブランデーカクテルにはよく使われる。

コニャック
フランス南西部コニャック地方の法定地域内で栽培される白ブドウ、サンテミリオン種を原料としてられるアルマニャックも同様だが、フランスではブランデーの品質を守るため、生産地、ブドウの品種、蒸留法などを法律で細かく規定しており、条件に合った製品のみがコニャックまたはアルマニャック冠することが許される代表的な銘柄は、レミー・マルタン、カミュヘネシーなど。熟成年数によってV.O、V.S.O、V.S.O.P、X.O、エクストラ、ナポレオンなどと表記される

アルマニャック
フランス南部アルマニャック地方の法定地域内で生産される。ブドウはサン・テミリオン種、フォル・ブランシュ種などを原料とし、コニャックよりもフレッシュ飲み口で香りが強いとされる代表的な銘柄はシャボーなどだが、日本ではコニャックの人気が高く、アルマニャックはあまり見かけない。

アップルブランデー
リンゴ酒(シードル)を蒸留して造るブランデー代表的な銘柄はカルヴァドスだが、「カルヴァドス」を冠することができるのはフランスノルマンディー地方で造られたもののである。アメリカ産のアップルジャックもよく知られている。

その他
ブドウの絞りかすを発酵させたアルコールを蒸留して造る、イタリア産のグラッパフランス産のマールなどもブランデーであるその他フルーツから造った蒸留酒もブランデーの仲間で、フランスでは「オー・ド・ヴィー・ド・フリュイ」と総称されている。
"




東京書籍 (著:上田 和男)
「カクテル手帳」
JLogosID : 8538918

この辞典の個別アプリ

カクテル手帳
ハイボール、サイドカー、マティーニなど、130のカクテルを、レシピや解説文とあわせて紹介。カクテルを飲む楽しみや、作る楽しみのためのアプリ。

【辞典内Top3】 シティコーラル  ロングアイランドアイスティー  ニコラシカ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

焼肉手帳 日本酒手帳 焼酎手帳 ワイン手帳 すし手帳 洋酒手帳 喫茶手帳 

関連書籍

 東京書籍「カクテル手帳」

出版社:東京書籍[link]
編集:上田 和男
価格:1,512
収録数:130
サイズ:16.2x9.2x1.2cm(-)
発売日:2010年4月
ISBN:978-4487804009

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト