MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

焼酎手帳泡盛 > 沖縄県

かりゆし
【かりゆし】

【泡盛】<沖縄県>

かりゆし

沖縄最古の名門蔵元の自信作
ブレンド技術を駆使した旨い酒

【希望小売価格】1.8l 2047円
【度数】30%
【原料】タイ米
【麹菌】米麹(黒)
【蒸留方式】常圧・減圧
かりゆし」は沖縄の方言で、めでたいことの意味。さわやかな飲み口だが、コクと甘さがあり、幅広い世代に人気がある
タイプリッチ
【香味】シンプル----□□■□□□複雑
ストレート]○[ロック]◎[水割り]○[お湯割り]○

かつて琉球王朝時代に泡盛製造を許されていたのは、首里三箇と呼ばれる3つのエリアのみだった。その聖地ともいえる場所で創業し、現存する泡盛酒造所としては最古の歴史を持つ蔵元。昭和63年に現在地に移転するが、時を同じくして酒造研究者でもある六代目当主の新里修一氏が、画期的な「泡なし酵母」の分離に成功し実用化。泡盛の生産量を飛躍的に向上させた。

多くの評判を呼ぶ銘柄を発表しているが、当蔵を代表するのが「かりゆし」。コクのある常圧蒸留の原酒とスッキリとした減圧蒸留の原酒をブレンドしたもので、格別な飲みやすさから不動の人気を誇っている。鑑評会などの各種コンク-ル受賞の常連だ。

【蔵元】(名)新里酒造
098-939-5050
沖縄県沖縄市字古謝864-1(本島)
弘化3年(1846)創業




東京書籍 (著:監修:SSI(日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会))
「焼酎手帳」
JLogosID : 8538625

この辞典の個別アプリ

焼酎手帳
芋・麦・米・黒糖・そば・酒粕など原料でカテゴリーを分け、また都道府県別に分類して有名銘柄の特長とそのラインナップを紹介。誰でも簡単に好みの焼酎銘柄が探せるアプリ。

【辞典内Top3】 一本松  朝日  大分むぎ焼酎二階堂  
【関連コンテンツ】

関連辞書

焼肉手帳 日本酒手帳 すし手帳 ワイン手帳 カクテル手帳 洋酒手帳 喫茶手帳 

関連書籍

 東京書籍「焼酎手帳」

出版社:東京書籍[link]
編集:監修:SSI(日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会)
価格:1,512
収録数:140
サイズ:16.2x9.2x1.4cm(-)
発売日:2010年7月
ISBN:978-4487804221

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト