MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

喫茶手帳中国茶 >

武夷水仙
【ぶいすいせん】

武夷水仙


中国には、水仙茶という水仙種の茶樹を使った青茶(烏龍茶)が多く存在します。なかでも福建省の武夷山で生産されるものを武夷水仙、福建省のそのほかの地域で生産されるものをみん北水仙といいます。
武夷水仙が特別に扱われるのは、武夷岩茶の一つに数えられるためです。もともと水仙種の茶葉は大きく、肉厚でツヤのある深緑色をしていますが、武夷山の土壌で育つ茶葉は、さらに力強く、抽出されるお茶も重みのある芳醇な味がします。後味も青茶らしい華やかな甘みが広がります。




東京書籍 (著:作山 若子/日本ティーコンシェルジュ協会)
「喫茶手帳」
JLogosID : 8504074

この辞典の個別アプリ

喫茶手帳
コーヒー・紅茶・日本茶・中国茶・ハーブティー176銘柄収録。産地、味、香り、グレード、抽出法、効用など、コーヒー豆や茶葉などの銘柄を丁寧に解説したアプリ。

【辞典内Top3】 モカ・マタリ  ストロベリーリーフ  ハワイ・コナ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

焼肉手帳 日本酒手帳 焼酎手帳 ワイン手帳 カクテル手帳 洋酒手帳 すし手帳 

関連書籍

 東京書籍「喫茶手帳」

出版社:東京書籍[link]
編集:作山 若子/日本ティーコンシェルジュ協会
価格:1,512
収録数:138
サイズ:16.2x9.2x1.4cm(-)
発売日:2009年8月
ISBN:978-4487803651

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト