MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

喫茶手帳日本茶 >

西尾茶
【にしおちゃ】

西尾茶


西尾茶の産地は、愛知県の西南部、西尾市を中心に三河湾沿岸から平野部、山間地帯まで広がります。とくに抹茶の原料となる碾茶(写真は挽く前の茶葉)の生産が盛んで、全国一の生産量を誇ります。
愛知県といえば、信長、秀吉、家康をはじめ、戦国の名武将を多く輩出した地。茶道をたしなんだその武将たちとともに、お茶が発展したのはうなずけます。現在では日本の碾茶の7割は愛知県で生産されます。
西尾碾茶には、上品な香り、深い旨みとコクという、上質な抹茶に必要な要素が十分に含まれています。




東京書籍 (著:作山 若子/日本ティーコンシェルジュ協会)
「喫茶手帳」
JLogosID : 8504056

この辞典の個別アプリ

喫茶手帳
コーヒー・紅茶・日本茶・中国茶・ハーブティー176銘柄収録。産地、味、香り、グレード、抽出法、効用など、コーヒー豆や茶葉などの銘柄を丁寧に解説したアプリ。

【辞典内Top3】 モカ・マタリ  茉莉龍珠  ジャワ・ロブスタ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

焼肉手帳 日本酒手帳 焼酎手帳 ワイン手帳 カクテル手帳 洋酒手帳 すし手帳 

関連書籍

 東京書籍「喫茶手帳」

出版社:東京書籍[link]
編集:作山 若子/日本ティーコンシェルジュ協会
価格:1,512
収録数:138
サイズ:16.2x9.2x1.4cm(-)
発売日:2009年8月
ISBN:978-4487803651

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト