MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本史の雑学事典第7章 愛と憎しみの巻 > 鎌倉時代

源頼朝と北条政子③
【みなもとのよりともとほうじょうまさこ】

■6 源頼朝と北条政子③静御前の舞に自らの想いを重ねる
 源義経が兄・頼朝に反旗を翻したため、頼朝は義経の愛妾・静御前を吉野山で捕らえて、鎌倉に連行した。1186年のことである
 静は義経の行方を詰問されるが、何も答えなかった。頼朝はまた、静が名高い白拍子、つまり舞の達人だったので、その舞を見たいと所望したが、これも断り続けた。
 しかしついに、源氏の繁栄を詣でる鶴岡八幡宮の舞台で、舞を舞うことになった。
「よしの山 峰の白雪 踏みわけて
  入りにし人の あとぞ恋しき」
「静や静 しずのおだまき くり返し
  昔を今に なすよしもがな」
 静は、切々と義経への想いを歌い舞った。
 これを見た頼朝は、
「反逆者への想いを私の前で歌うとは何事ぞ!」と激怒した。
 これに対して、頼朝の横にいた政子は、
「何をおっしゃいます。私が父に結婚を反対され、伊豆山権現にいるあなたのもとへ駆けていったとき、これと同じ気持ちでしたし、石橋山の戦い(1180年に伊豆から東進を試みた頼朝を平氏方・大庭景親が破った一戦)であなたが生死不明になったおりも、同じ心境でおりました。恋しい人を慕う心、それをどうして責めることができましょう」と、たしなめたという。
 静の舞に託して「糟糠の妻」(貧乏なときから苦労を共にしてきた妻という意味)である自分の大切さを、頼朝にアピールしたのだろう
 さすがの頼朝も、返す言葉がなかったという。




日本実業出版 (著:河合敦)
「日本史の雑学事典」
JLogosID : 14625082


【辞典内Top3】 写真花嫁  目安箱  平常無敵流平法  
【関連コンテンツ】

関連辞書

暦の雑学事典 道と路がわかる事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版「日本史の雑学事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:河合敦
価格:1,404
収録数:136語
サイズ:18.6x13x2.2cm(四六判)
発売日:2002年6月
ISBN:978-4534034137

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト