MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本史の雑学事典第7章 愛と憎しみの巻 > 平安時代

藤原道長
【ふじわらのみちなが】

■1 とても女性運が良かった藤原道長…娘を次々と天皇に嫁がせ、権力を我が手に
 藤原道長は、摂政・関白を歴任した藤原兼家の子ではあったが、5男であり、政権を担う可能性かなり薄かった。
 そこでせめて結婚によって未来を明るくしようと考え、左大臣・源雅信の娘・倫子に結婚を申し込んだ。ちょうど兼家が関白に就任し、道長もその恩恵で従三位に上ったところであり、いまがチャンスと考えたのだ。
 だが、雅信は倫子を天皇の后にしようと思っていたので、この結婚に強く反対した。
 そんな雅信を説得したのが、倫子の母・穆子だった。彼女は道長を見て、将来有望な人物だと直感したという。もし彼女の後押しがなければ、道長の未来は違ったものになっていただろう。ときに道長22歳、倫子は24歳。姉さん女房であった。
 翌年、道長は2人目の妻を娶る。故・左大臣源高明の娘・明子だ。当時は一夫多妻だから、別に不実ではない。
 明子は父亡きあと、円融天皇の女御・詮子に育てられた。詮子は道長の実姉で、一条天皇の母として、朝廷内に隠然たる力を有していた。だから、明子と結婚することで、詮子の後ろ盾を狙ったのだと言われている。
 同じように考えたのは道長だけでなかったが、最終的に明子を射止めたのは、またも道長だった。なぜなら、詮子本人が道長を気に入っていたのである
 このように道長は、なぜか女性たちに気に入られ、その引き立てによって、どんどん栄達していった。
 政略結婚とはいえ、道長と妻たちの家庭は円満だった。
 倫子からは彰子(→一条天皇中宮)をはじめ、頼通、妍子(→三条天皇中宮)、教通、威子(→後一条天皇中宮)、嬉子(→後朱雀天皇女御)が生まれた。
 一方の明子は、頼宗を筆頭に、顕信、能信、寛子、尊子、長家をもうけている。
 娘を天皇の后にして皇子を誕生させ、外戚(天皇の母方の親戚)となって権力を握る。それが摂関政治の常道であるだから、娘が多ければ多いほど、権力者になる確率はグンと上がる。
 実兄の道隆、道兼、異母兄の道綱といった兄たちが続けざまに死んだことに加え、子宝に恵まれた道長は、娘を次々と天皇の后にし、その娘たちが皇子を生んだ。これにより道長は、約30年ものあいだ、朝廷内での権力の掌握に成功したのである
 何とも女運のいい男性であった。




日本実業出版 (著:河合敦)
「日本史の雑学事典」
JLogosID : 14625077


【辞典内Top3】 天一坊事件  てつはう  鐘巻自斎  
【関連コンテンツ】

関連辞書

暦の雑学事典 道と路がわかる事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版「日本史の雑学事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:河合敦
価格:1,404
収録数:136語
サイズ:18.6x13x2.2cm(四六判)
発売日:2002年6月
ISBN:978-4534034137

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト