MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本史の雑学事典第5章 政(まつりごと)の巻 > 江戸時代

甲府勤番
【こうふきんばん】

■12 幕臣が泣いて嫌がった甲府勤番…一度入ると出られない、トラブル地域の恐ろしい職務
 現代のサラリーマン同様、江戸幕府でも、失脚したりミスを犯して左遷されるのは日常茶飯事だった。切腹させられないだけ、ましかもしれない。
 だが、そんななかでも、幕臣たちが泣いて嫌がったのが、甲府勤番への配置替えであった。
 甲府勤番の制度は、1724年に創設された。この年、甲府城主・柳沢吉里が大和郡山藩へ転封され、甲斐国は天領になった。そのため、同国を支配する職が必要になったのである
 甲斐国は、重要拠点であると共に、難治の国でもあった。米倉騒動(1750年)、太枡騒動(1792年)、郡内騒動(1836年)と、たびたび農民が一揆を起こしている。郡内騒動のさいには、数千の農民が甲府城に襲来、甲府勤番は他藩に助けを求めてどうにか農民たちを鎮撫した。そのうえ、荒々しい博徒たちが、農村に隠然たる力を持っていた。土地が山がちで痩せていて、華のお江戸から100キロ以上も隔たっている。
 だから、幕府から甲府勤番への打診を受けた幕臣は、あらゆる伝をたどって、幕閣に嘆願運動を展開する。病気や老父母の世話などを理由にして、何としても甲府行きを免れようとした。一度甲府勤番士に任命されたら、代わりの者がいないため、江戸へ戻ってこれなくなるからだ。
 そのため、同地へ配属される幕臣は、失脚したり失態を犯した人間、つまり断れない人たちばかりになってしまった
 なかには、悲嘆の余り自殺したり、発狂したりする者が少なくなかったというから、何とも恐ろしい役職である




日本実業出版 (著:河合敦)
「日本史の雑学事典」
JLogosID : 14625063


【辞典内Top3】 写真花嫁  千寿王  台所役人  
【関連コンテンツ】

関連辞書

暦の雑学事典 道と路がわかる事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版「日本史の雑学事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:河合敦
価格:1,404
収録数:136語
サイズ:18.6x13x2.2cm(四六判)
発売日:2002年6月
ISBN:978-4534034137

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト