MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

暦の雑学事典5章 季語と年中行事の雑学 > 霜月

鞴祭
【ふいごまつり】

 「お火焼きや霜うつくしき京の町」(与謝蕪村)。一一月には各地の神社で、「御火焚・御火焼」と総称される火を焚く神事が行なわれ、風呂屋・湯熨屋などの火を扱う商売の家では、庭火が焚かれる。一一月八日(もとは旧暦一一月八日)は、鍛冶・鋳物師など鞴を使う職人たちの祭日である。古くからこの日は仕事を休んで鞴を清め、神酒、ミカン、赤飯などを供える風習がある。京都・伏見稲荷の鞴祭がとくに有名である
 鞴は革袋を使って送風したフキガワ(吹き皮)が語源。箱鞴を大型化した足踏み式のものは踏鞴といい、鞴祭は踏鞴祭とも呼ばれる。




日本実業出版社 (著:吉岡 安之)
「暦の雑学事典」
JLogosID : 5040186


【辞典内Top3】 早生・中稲・晩稲  盆踊り  クォーツ時計の原理としくみ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版社「暦の雑学事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:吉岡 安之
価格:1,404
収録数:198
サイズ:18x13x1.8cm(-)
発売日:1999年12月
ISBN:978-4534030214

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト