MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

暦の雑学事典5章 季語と年中行事の雑学 > 霜月

時雨
【しぐれ】

 晩秋から初冬にかけて降る断続的な冷たい小雨のこと。「過ぐる」が語源ともいわれるが、諸説があって定かではない。風に送られてくる局地的な通り雨で、ぱらぱらと音を立ててしばらく降りつづき、やんだかと思うと、また降りはじめたりする。
 「初しぐれ猿も小蓑をほしげなり」「旅人とわが名呼ばれん初しぐれ」など、時雨を詠んだ句を多く残した芭蕉は、長崎へ向かう旅の途中、大阪で病に倒れ、元禄七年(一六九四年)一〇月一二日に没した。
 旧暦一〇月は時雨月の別名があり、忌日の一〇月一二日は時雨忌と呼ばれる。辞世の句は、「旅に病んで夢は枯れ野をかけめぐる」である




日本実業出版社 (著:吉岡 安之)
「暦の雑学事典」
JLogosID : 5040185


【辞典内Top3】 クォーツ時計の原理としくみ  早生・中稲・晩稲  蝉時雨  
【関連コンテンツ】

関連辞書

日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版社「暦の雑学事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:吉岡 安之
価格:1,404
収録数:198
サイズ:18x13x1.8cm(-)
発売日:1999年12月
ISBN:978-4534030214

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト