MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

暦の雑学事典5章 季語と年中行事の雑学 > 神無月

霜降
【そうこう】

 二十四節気の一つ。一〇月二三~二四日頃。旧暦一〇月(神無月)には初霜月の別名があるように、草木がうら枯れ、初霜が降りる時候。北海道では初雪が報告される
 「かささぎの渡せる橋に置く霜の 白きを見れば夜ぞ更けにける」(大伴家持)。この夜更けとは何時頃を指すのだろう
 昔は十二支による時刻制度のほかに、日没から翌日の夜明けまでを五等分して、初更、二更、三更、四更、五更と呼ぶ時刻表現があった。宵の口は初更で、二更、三更と進むにつれ夜が更けていく(深更)。午前〇時を含むのは三更で、霜が降りるのは最も気温が下がる午前四~五時頃。これは晩秋においては四更の終わりから五更の初めにかけての時間帯である




日本実業出版社 (著:吉岡 安之)
「暦の雑学事典」
JLogosID : 5040179


【辞典内Top3】 クォーツ時計の原理としくみ  早生・中稲・晩稲  蝉時雨  
【関連コンテンツ】

関連辞書

日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版社「暦の雑学事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:吉岡 安之
価格:1,404
収録数:198
サイズ:18x13x1.8cm(-)
発売日:1999年12月
ISBN:978-4534030214

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト