MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

暦の雑学事典5章 季語と年中行事の雑学 > 卯月

緑の週間・みどりの日
【みどりのしゅうかん・みどりのひ】

 太平洋戦争中に森林が乱伐されたため、戦後まもない頃の日本は、しばしば大規模な河川氾濫と洪水にみまわれた。そこで、昭和二五年(一九五〇年)から、国土緑化を目的に、「緑の週間」が設けられ、学校・職場・街頭などで緑の羽根募金が行なわれるようになった。通常、四月一日から一週間を緑の週間とするが、雪が残る北海道では五月一日から始まる
 四月二九日の「みどりの日」は、もとは昭和天皇の天皇誕生日であったのを、一九八九年、「自然に親しむとともに、その恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」ことを目的に、「みどりの日」と改称されたもの。国民の生活に定着したゴールデンウィークの初日を祝日として固定させる意味もあった。




日本実業出版社 (著:吉岡 安之)
「暦の雑学事典」
JLogosID : 5040127


【辞典内Top3】 クォーツ時計の原理としくみ  早生・中稲・晩稲  蝉時雨  
【関連コンテンツ】

関連辞書

日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版社「暦の雑学事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:吉岡 安之
価格:1,404
収録数:198
サイズ:18x13x1.8cm(-)
発売日:1999年12月
ISBN:978-4534030214

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト