MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

暦の雑学事典5章 季語と年中行事の雑学 > 如月

初午
【はつうま】

 旧暦二月初めの午の日のこと。各地の稲荷神社では、「正一位稲荷大明神」という幟を立て、キツネの好物である油揚げや赤飯などを供えて盛大な初午祭が行なわれる。
 この日はキツネに人気が集まりタヌキは蚊帳の外であるそこで他人ばかりもてはやされ、自分が相手にされないことを、ことわざで「初午の狸」という。
 稲荷信仰がキツネと結びついたのは江戸時代からで、稲荷の語源は「稲生り」といわれるように、もともとの祭神(ウカノミタマノカミ)は五穀豊饒をもたらす農耕の神だった。
 ウマにちなんで農耕馬の祭日としたり、養蚕信仰と結びついて繭形の初午団子をつくる地方もある。




日本実業出版社 (著:吉岡 安之)
「暦の雑学事典」
JLogosID : 5040104


【辞典内Top3】 早生・中稲・晩稲  蝉時雨  臘月  
【関連コンテンツ】

関連辞書

日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版社「暦の雑学事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:吉岡 安之
価格:1,404
収録数:198
サイズ:18x13x1.8cm(-)
発売日:1999年12月
ISBN:978-4534030214

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト