MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

「ほめる」に関する慣用句・故事・成語

[一字褒貶(いちじほうへん)]たった一字の使い分けで人をほめたり、けなしたりすること。
[一唱三嘆(いっしょうさんたん)]一人が歌って三人がこれに唱和すること。転じて、一度詩文を読んで、その素晴らしさを何度もほめること。「一倡三歎(いっしょうさんたん)」とも書く。出典は『礼記(らいき)』。
[毀誉褒貶(きよほうへん)]ほめたりけなしたりすること。《類》「上(あ)げたり下(さ)げたり」
[自画自賛(じがじさん)]自分でかいた絵を自分でほめること。自分の行いを自らほめること。
[手前味CID(7721)(てまえみそ)]自分で自分や自分に関することをほめること。
[拍手喝采(はくしゅかっさい)]みんなが拍手してほめそやすこと。
[論功行賞(ろんこうこうしょう)]功績の有無やその程度などを論じ定めてそれにふさわしい賞を与えること。出典は『魏志(ぎし)』。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4382169


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「水」の流れ・湿気などの擬音語・擬態語  「笑う・笑い」に関する故事・成語・ことわざ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト