MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

「学ぶ・習う」に関する慣用句

[腕(うで)に磨(みが)きを掛(か)ける]よりいっそう上達するように、練習・勉強をする。
[腕(うで)を磨(みが)く]技術が上達するように習練する。
[学(がく)がある]深い知識・見識がある。むずかしいことをよく知っている。
[習(なら)うより慣(な)れろ]物事は人に教えてもらうより、自分で体験を重ねる方がより身に付くということ。
[身(み)に付(つ)く]学んだことが自分のものとなる。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4382170


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「笑う・笑い」に関する故事・成語・ことわざ  年齢層の呼称・事柄からみた「年齢」  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト