MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

「学ぶ・習う」に関する故事・成語・ことわざ

[教(おし)うるは学(まな)ぶの半(なか)ば](⇒「教(おし)える・教(おし)え」115ページ)
[下学(かがく)して上達(じょうたつ)す]日ごろから身近でやさしいことから学んでいって、やがて深遠な道理に達するということ。《類》「下学(かがく)の功(こう)」
[学者(がくしゃ)と大木(たいぼく)は俄(にわ)かには出来(でき)ぬ]多年の勉学・研究が実って初めて立派な学者となり、木も長い年月育ててようやく大木となる。学問は短い日時では大成できず、長い間の努力が必要であることの教え。
[学(がく)に老若(ろうにゃく)の別(べつ)なし]学問に年齢は関係ない。何歳であっても学ぶべきものはたくさんあるということ。
[学若(がくも)し成(な)らずんば死(し)すとも帰(かえ)らず]学問が成就しない限り、死んでも故郷に帰らないという、並々ならぬ決意を述べたもの。
[学問(がくもん)に王道(おうどう)なし]学問には一足飛びに身に付く方法というものはなく、系統だてて積み重ねていくことによって成就できるものだということ。《類》「学問(がくもん)に近道(ちかみち)なし」
[記問(きもん)の学(がく)]古い書物を読んでただ暗記している学問。自分自身で理解し生かすことができない。出典は『礼記(らいき)』。
[曲学阿世(きょくがくあせい)]真理を曲げて解釈した学問を利用して時勢や権力者にこび、へつらうこと。時勢に迎合するため学説を曲げる不正の学者を「曲学阿世の徒」という。出典は『史記』。
[蛍雪(けいせつ)の功(こう)]苦労して学問に励んだ成果。出典は『晋書(しんじょ)』。
[少年老(しょうねんお)い易(やす)く学成(がくな)り難(がた)し]若い時はまだ時間があると思ってもいつのまにか年をとってしまい、志している学問はなかなか進まないということ。時を惜しんで学問をせよ、という戒め。出典は朱熹(しゅき)の詩『偶成(ぐうせい)』。
[習(なら)い性(せい)となる](⇒「性格(せいかく)・性質(せいしつ)」295ページ)
[習(なら)うは一生(いっしょう)]人間の生涯は毎日毎日が勉強であり、死ぬまで学ぶことがある。学ぶことは無限だということ。
[習(なら)わぬ経(きょう)は読(よ)めぬ]知識も経験もないことは、やれと言われてもやれるものではないということ。
[故(ふる)きを温(たず)ねて新(あたら)しきを知(し)る]昔のことをよく研究して、そこから新しい知識を得ること。「温故知新(おんこちしん)ともいう。出典は『論語』。
[学(まな)びて思(おも)わざれば則(すなわ)ち罔(くら)し]学問をしていても自分で深く考えることがなければ、確かな知識として身に付くことはないということ。出典は『論語』。
[学(まな)びて時(とき)に之(これ)を習(なら)う亦説(またよろこ)ばしからずや]学んだ物事を機会のあるたびに思索して、より深い理解を得ることは何とうれしいことではないかという意。出典は『論語』。
[門前(もんぜん)の小僧習(こぞうなら)わぬ経(きょう)を読(よ)む]寺の門前に住む子どもはいつも僧の読経を聞いているので、いつのまにか自然に経が読めるようになってしまう。つまり、人は環境によって影響されてしまうたとえ。《類》「見(み)よう見(み)真似(まね)」
[六十(ろくじゅう)の手習(てなら)い]六十歳で習字を始めるというように、年をとってから学問や芸事を習い始めること。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4382171


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「笑う・笑い」に関する故事・成語・ことわざ  「努力」に関する故事・成語・ことわざ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト