MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

「あらわす・あらわれる」に関する慣用句

[頭(あたま)をもたげる]隠れていた物事が現れる。また、力量をのばし、人から注目されるようになる。
[陰影(いんえい)に富(と)む]言い表すことに変化や深みがある。
[笑(え)みの眉開(まゆひら)く](⇒「笑(わら)う・笑(わら)い」530ページ)
[地(じ)が出(で)る]生まれつきの性格・本性が表面に現れる。《類》「めっきがCID(7774)(は)げる」「生地(きじ)が出(で)る」「地金(じがね)が出(で)る」
[尻尾(しっぽ)を出(だ)す]ごまかしていたのがばれる。正体を現す。《類》「尻(しり)が割(わ)れる」「馬脚(ばきゃく)を現(あらわ)す」「化(ば)けの皮(かわ)がCID(7774)(は)がれる」
[氷山(ひょうざん)の一角(いっかく)]表面に現れたのは、物事のほんの一部に過ぎないということ。
[片鱗(へんりん)を示(しめ)す]すぐれた才能の一部を現す。
[襤褸(ぼろ)を出(だ)す]隠していた欠点や短所が現れる。《類》「襤褸(ぼろ)が出(で)る」
[世(よ)に出(で)る]世間に現れる。また、世間に知られる




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4382012


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「水」の流れ・湿気などの擬音語・擬態語  「春」に関する故事・成語・ことわざ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト