MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

名言名句の辞典6叡智とわざ > 一芸は真理に通ず

双六の上手といひし人にその手立を問ひ侍りしかば「勝たんと打つべからず負けじと打つべきなり」

双六(すごろく):昔の盤遊戯の一つ。さいころを振って駒を進め、早く相手の陣へ送りこむことを争うもの

名言名句
双六の上手といひ
し人にその手立を問ひ侍りしかば「勝たんと打つべからず負けじと打つべきなり」
【解説】
ある人が、すごろくの上手な人に、勝つ秘訣を聞いたときの返事。つまり、勝とう勝とうという気持ちばかりで打たず、なんとか負けまいと思って打て、という答えだった。
勝つことにこだわりすぎると、かえって負けることがある。あらゆる勝負に通用する教訓であろう。
この言葉のあとに兼好は、自分の品行を整え、国家を安泰に維持していくにも同様だと説く。
【作者】吉田兼好
【生没年】1283頃~1353頃
【職業】随筆家
【出典】『徒然草』
【参考】『徒然草』は吉田兼好がつづった序段と二百四十三段からなる随筆集である。それぞれの段は独立・完結しており、社会や人間生活の諸問題、自然の風物や情趣、教養や趣味、有職故実などについて書かれている。いずれも、鋭い観察眼や批判精神がうかがわれる。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「名言名句の辞典」
JLogosID : 5450670

この辞典の個別アプリ

名言名句の辞典
古今東西偉人賢人の名言名句およそ700を「人生」「成功」「人間」など6つのテーマに分けて収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 さよならを言うことは少しのあいだ死ぬことだ  恋はまことに影法師いくら追っても逃げて行くこちらが逃げれば追って  妻をめとらば才たけて顔うるはしくなさけある  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「名言名句の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,728
収録数:700語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2008年4月
ISBN:978-4755508141

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト