MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

名言名句の辞典3人間 > ともに生きる

人生意気に感ず功名誰か復た論ぜん

名言名句
人生意気に感ず
功名誰か復た論ぜん
【解説】
人間は時に相手の心意気に感激して、金や成功といったことに関係なく仕事をするものだ。だれでも人生に一度や二度は相手の気持ちに強く心を動かされて自分の利害を無視して仕事をしたり、人の手助けをしたりするものではないだろうか。こういう経験は必ず自分にとってもプラスになるはずである。また「意気に感じ」た相手とは心の通った関係をもつことができるだろう
【作者】魏徴
【生没年】580~643
【職業】中国の政治家
【出典】『唐詩選』
【参考】隋末の混乱期、群雄割拠して覇権を争う戦いが続いた。最後に勝ったのが唐である。魏徴ははじめ唐の競争相手、李密の重臣であったが、唐の高祖|李淵に引き抜かれたのである。この言葉は、魏徴が新たな主君の命を受け、かつての主君の部下たちを帰順させるために出兵するときの詩の一節といわれる。主君が自分を抜擢してくれたことへの感激と、国家の創業という大事業への気持ちのたかぶりがあらわれている。のちに魏徴は唐屈指の重臣となる。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「名言名句の辞典」
JLogosID : 5450291

この辞典の個別アプリ

名言名句の辞典
古今東西偉人賢人の名言名句およそ700を「人生」「成功」「人間」など6つのテーマに分けて収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 さよならを言うことは少しのあいだ死ぬことだ  ゆく川の流れは絶えずしてしかも、もとの水にあらず  花の命は短くて苦しきことのみ多かりき  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「名言名句の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,728
収録数:700語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2008年4月
ISBN:978-4755508141

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト