MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

名言名句の辞典1人生 > 豊かに生きる

花の命は短くて苦しきことのみ多かりき

名言名句
花の命は短くて
苦しきことのみ多かりき
【解説】
「花」は恋愛をたとえたものとも、人生そのものをたとえたものともいわれている。恋愛にしろ、人生にしろ、その花咲くときは短くて、しかも苦しいことばかりだという。貧しいときにも売れっ子になってからも、わが道をがむしゃらに駆け抜けていった林扶美子の、これが本音だったのだろうか。そう思うと、いっそう感慨深い言葉である
しかし、いまでは「花の命はけっこう長い」という言葉もある。
【作者】林 芙美子
【生没年】1903~51
【職業】作家
【参考】林芙美子は、故郷の尾道高女を卒業後上京、銭湯の下足番、工員、カフェの女給などを転々としながら詩や童話を書いた。『放浪記』は、そんな半生を下敷きに貧苦や屈辱に耐えてけなげに生きる主人公の姿を日記風につづった作品で、ベストセラーとなった。彼女は何人かの男と同棲を繰り返すが、生きることと同様、恋愛に対しても一生懸命だった。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「名言名句の辞典」
JLogosID : 5450051

この辞典の個別アプリ

名言名句の辞典
古今東西偉人賢人の名言名句およそ700を「人生」「成功」「人間」など6つのテーマに分けて収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 さよならを言うことは少しのあいだ死ぬことだ  ゆく川の流れは絶えずしてしかも、もとの水にあらず  白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけり  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「名言名句の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,728
収録数:700語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2008年4月
ISBN:978-4755508141

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト