MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

名言名句の辞典6叡智とわざ > 人知をこえて

あめつちにわれひとりゐてたつごときこのさびしさをきみはほほゑむ

名言名句
あめつちにわれひ
とりゐてたつごときこのさびしさをきみはほほゑむ
【解説】
 『夢殿の救世観音に』と題して詠まれた歌。
 同じ新潟出身の良寛の歌に親しみ、奈良の風物、とくに仏教美術に傾倒、その美を詠んだ歌が多い。「死後に遺るのは歌と書だ」と語ったとおり、独自の書体が刻まれた歌碑は各地に建立されている。
 諸行無常の天地に、孤立無援でいる人間の寂しさをあたたかく包み込むようにほほえんでいる仏像の姿に、人びとは力づけられる。現世の憂いなど小さいことだというように。
【作者】会津八一
【生没年】1881~1956
【職業】歌人
【出典】『鹿鳴集』
【参考】会津八一は、早稲田大学を卒業後二十七歳で奈良地方をはじめて旅してのちしばしば奈良・京都を訪れるようになり、東洋美術・仏教美術に傾倒した。この歌の収められている『自註鹿鳴集』は八一の古都逍遙、美術研究、短歌創作のすべてを結集するものである




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「名言名句の辞典」
JLogosID : 5450589

この辞典の個別アプリ

名言名句の辞典
古今東西偉人賢人の名言名句およそ700を「人生」「成功」「人間」など6つのテーマに分けて収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 さよならを言うことは少しのあいだ死ぬことだ  白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけり  僕の前に道はない僕の後ろに道は出来る  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「名言名句の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,728
収録数:700語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2008年4月
ISBN:978-4755508141

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト