MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

名言名句の辞典1人生 > 豊かに生きる

ゆく川の流れは絶えずしてしかも、もとの水にあらず

名言名句
ゆく川の流れは絶
えずしてしかも、もとの水にあらず
【解説】
『方丈記』の冒頭にある有名な一節。川の水の流れは絶えることなく続いているように見えるが、よく見ればそれは決して同じ水ではなく、移り変わっているという。一見恒常的で不変に見える川の姿に世の中の「無常」「転変」を見るのである
長明は人や人の栖もまた移り変わりの無常であることも川の流れと同じだといい、「朝に死に、夕に生るる習ひ、ただ、水の泡にぞ似たりける」と続ける
そして生まれたり死んだりする人がどこから来てどこへ去っていくのか、自分にはわからないと嘆く。
八百年たったいまでも、人は長明と同じく無常の世界の中で長明と同じ疑問を抱きながら生きている。
【作者】鴨 長明
【生没年】1155頃~1216
【職業】随筆家
【出典】『方丈記』
【参考】『方丈記』の「方丈」とは一丈四方の部屋、つまり鴨長明が出家・遁世して住んだ庵をさす。およそ四畳半の広さである。その俗世から離れた「一間の庵」を長明は「自らこれを愛す」といい、そこでの静かな暮らしを楽しんだ。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「名言名句の辞典」
JLogosID : 5450124

この辞典の個別アプリ

名言名句の辞典
古今東西偉人賢人の名言名句およそ700を「人生」「成功」「人間」など6つのテーマに分けて収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 ゆく川の流れは絶えずしてしかも、もとの水にあらず  花の命は短くて苦しきことのみ多かりき  さよならを言うことは少しのあいだ死ぬことだ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「名言名句の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,728
収録数:700語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2008年4月
ISBN:978-4755508141

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト