MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

名言名句の辞典1人生 > 老いとともに生きる

時間が過ぎ去るのでも人生が過ぎ去るのでもなくて両方一緒に過ぎ去っているから実は何ひとつ過ぎ去って

名言名句
時間が過ぎ去る
でも人生が過ぎ去るのでもなくて両方一緒に過ぎ去っているから実は何ひとつ過ぎ去っていないのではないかという気がする
【解説】
人生は過ぎ去る。今という時間は再び還ってくることはなく、出会った数だけ別れが訪れるのだ。しかし、哲学者はこのようにいい、「私がこの子と出合って、この子の思い出とともに死に、この子も私の思い出を抱いていつの日か死ぬ。私もこの子も、それを知る他の人びともだれひとり居なくなっても、私とこの子が一回こっきり出合って友情を結んだというこのこと自体は、永遠に失われることがないのではないか」と続ける。人生とは、ただ自分が生きたということだけではないのかもしれない。
 悠久の時間の流れに浮かぶ自分の存在をそのようにとらえ直すとき、今この一瞬がなおかけがえのないものに思えてくるのではないだろうか。
【作者】池田晶子
【生没年】1960~2007
【職業】哲学者
【出典】『帰ってきたソクラテス
【参考】池田は哲学的な問題を専門用語を使わず、読みやすいエッセイとして表現するユニークな在野の哲学者だった。『帰ってきたソクラテス』は初期の代表的な著作で、ソクラテスを交えた複数の人物がさまざまな社会問題について会話をする形式でつづられている。この言葉は老人とその孫がソクラテスとともに人生について考える対話からとっている。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「名言名句の辞典」
JLogosID : 5450163

この辞典の個別アプリ

名言名句の辞典
古今東西偉人賢人の名言名句およそ700を「人生」「成功」「人間」など6つのテーマに分けて収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 さよならを言うことは少しのあいだ死ぬことだ  恋はまことに影法師いくら追っても逃げて行くこちらが逃げれば追って  妻をめとらば才たけて顔うるはしくなさけある  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「名言名句の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,728
収録数:700語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2008年4月
ISBN:978-4755508141

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト