MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

名言名句の辞典1人生 > 老いとともに生きる

人間、死ぬ時は死ぬがよい

名言名句
人間、死ぬ時は死
ぬがよい
【解説】
あたりまえの言葉だが、禅僧の口から出ると、いさぎよい覚悟をともなった、壮絶ともいえる境地がうかがえる。常日ごろから生を充実させ、仏道をきわめ、いつ死んでも悔いはない覚悟ができてこその言葉である。だれにもやがては訪れる必滅のときの、よすがとしたい。
浄土真宗の開祖・親鸞は、臨終の際に「我は程なく浄土に帰るなり。この世に言いおくこと一言もなし」といっている。現世を思い残すことなく仏道に精進した満足感と、極楽浄土の仏のもとに帰るという安心感に満ちている。
【作者】白隠
【生没年】1685~1768
【職業】禅僧
【出典】『語録』
【参考】白隠は江戸中期の禅僧。修行後地元駿河で布教し、臨済宗中興の祖といわれて、「駿河には過ぎたるものが二つあり。富士のお山に原の白隠」とうたわれた。「達磨図」などの禅画でも有名。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「名言名句の辞典」
JLogosID : 5450161

この辞典の個別アプリ

名言名句の辞典
古今東西偉人賢人の名言名句およそ700を「人生」「成功」「人間」など6つのテーマに分けて収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 さよならを言うことは少しのあいだ死ぬことだ  白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけり  僕の前に道はない僕の後ろに道は出来る  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「名言名句の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,728
収録数:700語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2008年4月
ISBN:978-4755508141

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト