MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

標準治療(寺下医学事務所)病名 > 小児科

髄膜炎(小児)
【ずいまくえん(しょうに)】

Meningitis

 髄膜炎には、無菌性、化膿性、結核性、真菌性、ガン性などがありますが、小児で重要なのは無菌性髄膜炎および化膿性髄膜炎(細菌性髄膜炎)です。いずれもくも膜下腔(髄腔〈ずいくう〉)にウイルスや細菌が侵入して起きる疾患です。無菌性髄膜炎を起こすウイルスは多種にわたりますが、エンテロウイルスといわれる一群のウイルスによるものが最も多く、他におたふくかぜを起こすムンプスウイルス、麻疹ウイルス、風疹ウイルス、インフルエンザウイルスなど、小児に感染を起こすウイルスのほとんどが無菌性髄膜炎の原因になりえます。一方、化膿性髄膜炎を起こす細菌(起炎菌)は生後3カ月未満では大腸菌、B群溶連菌が多く、3カ月以降ではヘモフィルスインフルエンザb型菌(Hib)、肺炎球菌が多くなります。無菌性髄膜炎、化膿性髄膜炎とも症状は似ていますが、後者のほうがより重症で死亡率、合併症、後遺症の発症率とも高い傾向にあります。




日本医療企画 (著:寺下 謙三)
「標準治療(寺下医学事務所)」
JLogosID : 5035287

関連電子書籍

私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療判断医なのです。…

【辞典内Top3】 両側性  粘稠性  腹腔鏡下手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術〈Lap-C、ラパコレ〉)  
【関連コンテンツ】

関連辞書

薬局にあるクスリ辞典 東洋医学のしくみ 

関連書籍

 日本医療企画「標準治療(寺下医学事務所)」

出版社:日本医療企画[link]
編集:寺下 謙三
価格:5,142
収録数:1787疾患
サイズ:21.8x15.6x6.6cm(A5判)
発売日:2006年7月
ISBN:978-4890417162

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト