MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

JLogos登録語 > 一般

堂に入る
【どうにいる】

[意味]
学問・技芸など熟練し完成の域に入っている様を「堂に入る」(どうにいる)という。「堂に昇り室に入る」の略。

[用法]
「彼女が教師になって早10年、その先生ぶりもすっかり堂に入ってきた」。「堂に入ったとまではいわないが、彼の風景写真は大したものだ。少なくとも趣味の領域は脱しているよ」。

[蛇足]
「堂に昇り室に入る」の出典は『論語』だが、同書では中上級者=「堂」に上った者、奥義を究めた者=「室」に入った者、と使い分けている。これを無理に短縮した「堂に入る」は、堂レベルなのか室レベルなのか曖昧なため、その道の大家(室レベル)の相手に対しては使いにくい表現である




JLogos編集部
Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「JLogos」
JLogosID : 12660357


【辞典内Top3】 弔祭料  打除け  ガラ・パーティー  
【関連コンテンツ】

関連書籍

 Ea,Inc.「JLogos」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト