MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

JLogos登録語 > 一般

木で鼻をくくる
【きではなをくくる】

[意味]
元々は「木で鼻をこくる」、「こくる」はこするの意。風邪を引くなどして鼻がつまって辛い、布切れか鼻紙がほしい。そんな思いも空しく、頼みにしていた人から木片を渡され、それで鼻をこする羽目になる・・・。そんな冷淡にあしらわれた切ない状況を表す言葉が、この「木で鼻をくくる」だ。

[用法]
通常、「木で鼻をくくったような」と「ような」を付けて使う。「最近カレ、浮気でもしてるのかな?私が話しかけても、木で鼻をくくったような返事しかしてくれないの」。「遠路はるばる会いに来たのに、こんな木で鼻をくくったような応対をするなんて、無礼にもほどがある!」と使う。

[蛇足]
現代人が鼻をくくる(こする)ティッシュの原料はパルプ、つまり木である。そう考えると、木で鼻をくくったような態度の中にも、柔らかい優しさが潜んでいるのかもしれない。




JLogos編集部
Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「JLogos」
JLogosID : 12660196


【辞典内Top3】 弔祭料  ガラ・パーティー  美点凝視  
【関連コンテンツ】

関連書籍

 Ea,Inc.「JLogos」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト