MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

JLogos登録語 > 一般

ペイオフ
【ぺいおふ】

payoff

破綻した金融機関代わりに、預金保険機構(認可法人)が一定限度額の預金を預金者に払い戻す制度のこと。原語payoffは支払いの意。

2002年以降、ペイオフ解禁が段階的に進められ、2005年4月、ついにペイオフが全面解禁されるに至った。

これにより、金融機関に預けた預金は合計1000万円までしか保護されなくなる。例えば同じ金融機関に複数の口座を開いたり、普通預金定期預金の双方に預けている場合にも、それら全てを合算(名寄せ)した合計金額に対し1000万円までしか保護されなくなるので注意が必要だ。

1000万円以上預金がある場合、(1)複数の金融機関に1000万円ずつ分散して預けるか、あるいは(2)ペイオフ全面解禁後も引き続き全額保護の対象となる(ただし金利がつかない)「決済性預金」に預けるのも手だ。あるいは、(3)預金保険機構に頼らず独自の預金保護制度を築いている農協や漁協、海外の銀行を利用することも視野に入れるべきかもしれない。

金融機関の破綻が相次ぎ、自己責任の問われる昨今、自らの資産を守るのは自分しかいない。自分の資産を預けている金融機関が破綻した場合、資産の保証はどうなるのか、ご存じない方はこの機会にチェックされた方が良いだろう




JLogos編集部
Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「JLogos」
JLogosID : 12660051


【辞典内Top3】 弔祭料  打除け  ガラ・パーティー  
【関連コンテンツ】

関連書籍

 Ea,Inc.「JLogos」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト