MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

JLogos登録語 > 一般

量子暗号
【りょうしあんごう】

量子力学の原理を応用した暗号技術。盗聴の有無を100%見抜けることから最もセキュリティの高い暗号技術とされている。

現在インターネット上で最もよく使われている暗号技術SSL(Secure Socket Layer)では、暗号化に数学の因数分解を利用している。しかし、いくらその解となる素数の桁数を上げて複雑化したところでコンピュータの機能が向上し計算速度が増していけば、いつかは解読されてしまう。特に量子コンピュータ大きな桁数の因数分解も素早くこなすので、量子コンピュータが実用化された暁には、SSLはその安全性を保証できなくなる可能性が高い。

これに対して量子暗号は、量子力学の不確定性原理を応用し、他者が情報盗み見た瞬間に情報そのものが変化してしまうよう設計されている。これにより盗み見られたことが100%わかるので、盗聴された刹那に通信を遮断したり、その場で暗号鍵を変えてしまうといったことが可能になるわけだ。

しかし、量子暗号化された情報にタッチできるのは送信者と受信者だけという高いセキュリティが、一方で量子暗号を実用化する上での障害にもなっている。量子暗号化された情報は、途中で中継・増幅することが難しいため、長距離通信を行うことができないのだ。

このため量子暗号は未だ実用化の一歩手前に止まっているが、世界中のメーカーがしのぎを削っている現状を鑑みれば、近い将来実用化されることは間違いない。そうなれば、量子暗号は量子力学を応用した初の実用技術となるだろう




JLogos編集部
Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「JLogos」
JLogosID : 12660054


【辞典内Top3】 弔祭料  ガラ・パーティー  美点凝視  
【関連コンテンツ】

関連書籍

 Ea,Inc.「JLogos」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト