MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

東京-五つ星の蕎麦蕎麦の蘊蓄 > ハレのそば屋の系譜

?独自性に満ちた下呂「仲佐」のそば

もう一つ明記しておくべきことがある。このような石臼碾き自家製粉の潮流とは無関係に、何の逡巡もなく、そば料理人になったその日から、手碾きの石臼で自家製粉を続けるそば料理人がいた。高山の精進料理屋「角正」で十年以上そばを打っていた、現「仲佐」(下呂)店主仲林氏である。彼はそばを作る過程に、なんであれ機械が介在することを峻拒する。なぜかと問われても、職人としての彼の生理がそうさせるという他はない。

一般的な自家製粉においては、まず黒い外皮に覆われた玄そばを精米機にかけ、付着している泥やゴミを取る。更に石取り機でゴミを取る。仲林氏はそのかわりに荒縄で玄そばをしごくなどしてあくまで手作業でゴミを取る。そうして玄そばを大きな石臼で豪快に手碾きし、ふんぷんたる香気を放つとてつもなく粗々しい粉を作る。粗すぎてつながりにくいこの粉に三割の小麦粉を加え(二・八から生粉打ちが主流となっている現代のそばシーンにあってはこのつなぎの量は多い)、しなやかな麺体を持ったそばに仕立てる。粗々しさと清冽さの拮抗した独自性に満ちたこの見事なそばは、食べる者に、ちょいと衝撃的なそば体験をもたらす。

九〇年代に入って仲林氏のそばは、“手打ち、石臼碾き自家製粉”を行っているそば料理人たちに知られるようになった。その影響を受けて、電動石臼機での製粉とは別に、手回しの石臼によって製粉した粉を用いて打つそばを、商品のバリエイションに加える店ができてきた。手碾きという、一層プリミティヴな次元でのそばとの対峙は、彼らのそばをもう一歩深いところへ導いた。手碾き自家製粉は平成二年(一九九〇)以降、“手打ち、石臼碾き自家製粉”の潮流にのって五年程で定着したが、どこでも一日二十食程の限定品として提供されている。手碾き自家製粉の元祖仲林氏は、今日も店で提供するそばの全ての粉を、ゴウゴウたる音をたてながら手碾きする。石臼を回す彼の右腕は、そこだけ異様に筋肉が発達し、サイボーグ化している。




東京書籍 (著:見田盛夫/選)
「東京-五つ星の蕎麦」
JLogosID : 14071327

【お隣キーワード】?手作業の復興とともに到来した繁栄の時代  そばの色香  ?石臼碾き自家製粉の嚆矢、荻窪の「本むら庵」と柏の「竹やぶ」  ?昭和初期の名店、滝野川「藪忠」のこと  
【辞典内Top3】 柚庵(閉店)  明月庵 ねりま田中屋本店(閉店)  3.藪  

この辞典の個別アプリ

東京五つ星の蕎麦
老舗から新鋭店まで、都内と近県の118の名店を料理批評家・見田盛夫が厳選し紹介。蕎麦店のガイドブックアプリ。

関連辞書

東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の肉料理 東京五つ星の魚料理 東京五つ星の中国料理 全国五つ星の手土産 

関連書籍

 東京書籍「東京-五つ星の蕎麦」

出版社:東京書籍[link]
編集:見田盛夫/選
価格:1,836
収録数:217軒
サイズ:19.8 x 12.2 x 2.2cm()
発売日:2006-12-01
ISBN:978-4-487-80147-3

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト