MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

東京五つ星の肉料理牛肉料理 > 横浜市

牛鍋 太田なわのれん
【ぎゅうなべ おおたなわのれん】

牛鍋の開祖はよっぱらい!?

能登出身の初代・高橋音吉が開港地横浜に出て牛の串焼きを売り、財を貯えて当地に店を開いたのが明治元年(1868)というから、牛鍋元祖を名乗るのもむべなるかな。

音吉はぼたん鍋にヒントを得て味噌で牛肉の臭みを消し、また朝から飲むほどの酒好きで肉を薄く切るのがメンドウだったから、今見るとおりのぶつ切りを考案(?)したという。

ともあれ店を140年もつづけてこられたポイントは、ひとえに味噌にあるという。江戸甘味噌にみりんや出し汁ほかを加えて練り、釜にひと晩寝かせた味噌はじんわりと濃く、割下ともよくなじむ。好みにもよるけれど、肉は半煮えくらいがおすすめ。熱い味噌だれをまといながら厚い角切りの中身はレアなステーキのよう。たぐいまれな食感についついのどが鳴る。

『フクちゃん』など横山隆一の絵を飾った店は静かで、従業員は折り目正しい。老舗です。




東京書籍 (著:岸 朝子/選)
「東京五つ星の肉料理」
JLogosID : 14070897

【お隣キーワード】牛鍋 じゃのめや  わが家のすき焼きは関東風  牛鍋 荒井屋 本店  勝烈庵 馬車道総本店  
【辞典内Top3】 五代目 かど家  御茶ノ水 小川軒  ろくざん亭  

この辞典の個別アプリ

東京五つ星の肉料理
すき焼の江知勝、鳥すきのぼたん、鴨すきの鳥安など、東京でこれぞという名店を岸朝子が精選し紹介。肉料理のガイドブックアプリ。

関連辞書

東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の魚料理 東京五つ星の中国料理 東京-五つ星の蕎麦 全国五つ星の手土産 

関連書籍

 東京書籍「東京五つ星の肉料理」

出版社:東京書籍[link]
編集:岸 朝子/選
価格:1,728
収録数:
サイズ:20 x 12.2 x 1.6cm()
発売日:2007-12-01
ISBN:978-4-487-80183-1

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト