MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼クエ鍋のとろけるような旨味

民宿「共栄」のクエ鍋とクエの湯引きが容易ならぬおいしさだった。クエ鍋にはクエの皮付き白身に加えて、ハクサイ、シュンギク、シイタケ、ニンジン、エノキ、マイタケの野菜類。皮はコリコリとした歯ごたえが心地よく、そのあとから特有な香りととろけるような旨味が口中を襲う。ほかのどんな魚にもないおいしさだ。脂分の多い身が、ポン酢と紅葉おろし、青ネギのタレにこれ以上ないほどよく合う。雑炊がまた絶品。クエの旨味がご飯にからまり、フグ雑炊に勝っても劣らない。
クエの湯引きは案外と身が締まり、脂分が多いのに口当たりがよい。よほど上質な脂なのだろう。「日ノ岬周辺で釣ったクエが一番うまい。同じ紀伊半島でもほかで獲れたクエはうまかないなあ」と脇山さんが自慢するだけのことはある。阿尾ではほかに、胃袋の辛子酢味噌和え、肝の湯通しフライ、あら煮などでクエを食べるそうだ。ただし、以前は市場価値がないために漁師だけが食べていたというクエも、今や目の玉飛び出るほど高価になった。1キロ1万円もするときがあり、「産地でも食べる機会が少ない」と漁師は嘆くのである




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070508


【辞典内Top3】 サクラエビ  ▼周防灘産は一目で見分けられる  ▼壱岐の郷土料理「イカよごし」のおおらかな味わい  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト