MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼刺身と塩ゆで、ともに極上のおいしさ

「ほかの多くはエビ籠漁でシマエビを獲っている。これにはエサのイワシサンマなどを籠に仕掛ける。そのエサがエビの腹にはいるから、どうしても風味に欠けるんだね。それに比べると打瀬網漁で獲るシマエビはうまいよ」
富崎さんがそう自慢するホッカイエビを民宿「みさき」でご馳走になった。まずは生のまま。頭をもいで内臓をすすりこむ。こってりした旨味が口腔にへばりついてきた。この豊饒(ほうじょう)さはどうだろう。身の部分をほおばると、押し付けがましさがなく、奔放だけど品のいい味が、舌にまったりとまとわりついてきた。塩ゆでは身がしまり繊細な味。いくらほおばっても食べ飽きることがなかった。目の前にはたちまち殻が山盛りになった。
刺身で除いた頭を味噌汁のだしに利用すると、並の味噌汁が途端に特級になってしまうのだそうだ。てんぷらも悪くないという。「それでも市場ではアマエビに押され気味」と富崎さんは残念がった。ホッカイエビはぜひ白い三角帆を思い浮かべながら味わっていただきたい。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070460


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト