MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼初夏の野付湾に打瀬船が浮かぶ

ホッカイエビは野付湾で打瀬網、厚岸(あっけし)湾で曳網とエビ籠、サロマ湖と能取(のとり)湖ではエビ籠で漁獲される。そのなかで特筆に価するのは野付湾の打瀬網漁だろう。野付半島に抱かれる野付湾は、深いところでも3メートル、浅いところは1メートルに満たない。ここに6月から8月中旬まで、ホッカイエビを漁獲するため白い三角帆を張った打瀬船が浮かぶ
波静かな野付湾に100隻あまりの帆掛け船そんな一幅の絵のような風景を狙って、プロやアマチュアカメラマンが、シャッターチャンス待ち受ける。またキャンバス向かう人も多い。カメラマンや画家でなくても、こんな時代離れした漁を残している野付湾の漁師たちに感謝したい。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070458


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト